海辺での挙式

ケーキカット

結婚式を執り行うのに重要なのが「計画」です。何も考えずに式場に行ってもプランナーにどんな式がいいのかを伝えることができません。
ある程度、自分のテーマやプランを考えていないと双方困ることになります。特に予算です。
まずは予算を決めておかないと、プランナーもどの程度の式ができるのか提案できません。そして、花嫁が夢見る衣装です。
予算の中で、妥協できるのか、一生に一度と考え少し奮発するのか。和装も着たい、ウェディングドレスも二着着たいとなれば衣装代だけの予算も考えておきましょう。
あとは、料理やゲストをどのくらい呼ぶのかと、引き出物、両親への贈答など、考えておかなければいけないことだらけです。あとは、ダイエットです。
写真に残るのでキレイの努力も計画的に行いましょう。

結婚式にかかる費用の相場は、地域などにも異なりますが300万円は越します。その中で、最も費用がかかるのがお料理で125万弱です。
ゲストの中にはお料理を楽しみに参列している方もいるほどです。その次が、新婦の衣装です。
相場がトータル50万弱です。新郎の衣装の相場が、20万弱なのに比べてやはり新婦は高いのでその費用をどちらが持つかも話し合っておきましょう。
あとは、挙式代が25万円に、写真やビデオ撮影などに54万弱。引き出物に5千円。
装花に17万円。大きく見積もってこのくらいの金額が必要になります。
あとは、自分たちがどの点を妥協するかを話し合っていかなければいけません。なるべく、喧嘩を避けるためにも、妥協できる点とできない点を考えておきましょう。