ドレスのレンタル

赤い糸のハート

冠婚葬祭の中でも、大きな喜びとなるのが、結婚式です。
現在では、式場で行うのも一般的な事になっていますが、戦前には、男性の実家で行われたり、お蕎麦屋さんの2階で行われるなどの光景もありました。
結婚式を専門業者が企画する様になったのは、日本では、皇室における儀式などが一般の人たちに知られる様になり、そこから式場をもつ専門業者などが参入していった経緯があります。
様々な趣向を凝らした企画をする様になったのは、まだ歴史としては浅いといえます。
一般の人が広くウエディングドレスなどを着用する様になったのは、戦後になって生活にもゆとりができてからの事です。
ハデ婚などが流行したのは、1980年代のバブルの頃の事ですが、最近では、海外での挙式にも人気が出ている様です。

結婚式については、一生に一度のイベントと捉えている人が多くいます。
昔と違って、ある程度の範囲であれば、望めば叶うイベントにもなっています。
それを執り行うブライダル業界としても、様々なニーズに応えて行く事が、生き残りを懸けた課題にもなっていくと考えられます。
利用者にとっては、一生の一度の記念として、ニーズも多様化していますので、自分たちをプロデュースする手段として式場を利用したり、結婚式の企画を依頼をするといった形式が今後更に増えていくと予測されます。
企画をするのが、式場などの専門業者だけではなく、主役の2人が中心となって行っていくケースも増えていくとも考えられます。
また、招待客が退屈しない様な企画なども実施されており、結婚式の形態についてもますます多様化していくと予想されます。